筑西情報 新着記事

?
  • 春の胎動

    3月も中旬となった。先日、今年最初の梨の消毒を行った。スピード・スプレアーという動噴機械に500リットルの薬剤(1000倍の溶液・殺菌剤)を入れ、10a当たり約300リットル散布する。私の経営面積は約50aなので1500リットルを超す散布となる。毎回、3回から4回スピード・スプレアーに乗り、防毒マスク、雨具を着けて散布する。霧状態になった消毒液の到達は高さ7mから8mに達する。その音はすさまじく、200m先まで聞こえるほどだ。私の家は台地の西の端にあり、そこから先は田んぼとなり、広大な田園地帯が鬼怒川の堤防まで続いている。この時期、田んぼには赤や青色の大きなトラクターが低いエンジン音を響かせながらあちこちで田起こしを行っている。今では農業機械の音が春を告げるシグナルとなった。せわしないが、のんびり屋の私もついに...春の胎動

    ゆきじい

    里山日記

「地域生活(街) 関東ブログ」 カテゴリー一覧