TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

行方情報 新着記事

NEW POST
help
  • 「島崎氏と古河公方家との接点、及びその周辺

    島崎氏に関する記事が「鹿行の文化財」第33号に掲載されていましたので紹介します。◆戦国時代の前哨戦、関東の動乱鎌倉公方の初代は足利尊氏の子基氏に始まり、氏満・満兼・持氏と世襲、持氏の次は成氏が古河公方となって鎌倉府を支配した。持氏の時に将軍義量が早世し、四代将軍義持の弟たちがくじ引きで擁立されて、六代将軍となったのが義教であった。彼は天台座主義円なっていたが還俗して、恐怖政治を布いた。だが野心を持っていた鎌倉の持氏はこれにおさまらず、将軍就任の式にも出席せず、年号が永享となっても用いず公然と反抗した。年号は最高権力者としての権威の象徴で、これを使わないということは将軍家との亀裂を決定的なものとした。公方を補佐する菅領上杉憲実(山内)がこれを諫めたがきかず対立した。永享十年(1438)憲実は終われ、幕府に救助を求...「島崎氏と古河公方家との接点、及びその周辺

    島崎城跡守る会事務局

    「島崎城跡を守る会」茨城県潮来市に残る、室町時代中期に築城された島崎城跡の環境整備ボランティア活動記録。

    読者になる

「地域生活(街) 関東ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)