TOPICS

北葛飾郡杉戸町情報 新着記事

1件〜50件

  • 音符の部分にも名前がついていますよ♪

    杉戸町のピアノ教室、エレクトーン教室🏠小松音楽教室♫何気に書いている音符♪ちゃん。音符の部分にも名前が付いているんですよ。○がまる子で…なんてそれは嘘ですよ(笑)下の図を見て下さいね👀書き順もあります!私はレッスン中に書いている生徒さん達を見て「反対だよ!棒は下からニョキニョキ生えて来ないよ💦」と言っています。まるを書いたついでに、そのまま下から上にニョキニョキ書いちゃう子が多いです。音符は始めに符頭(たま)を書きます。書きたい○の右上から左下に向かって○を書き、書き始めのスタート地点に戻ります。下の図では、赤い点がスタート地点です。そして符尾(ふび、棒)は上から下へ。符頭の端を狙って下さいね!符尾(ふび、棒)が符頭(たま)の下にあっても書き順は変わりませんよ〜!...音符の部分にも名前がついていますよ♪

    さえちゃん♪

    小松音楽教室

    読者になる
  • ト音記号とヘ音記号と鍵盤

    杉戸町のピアノ教室、エレクトーン教室🏠小松音楽教室♫ヘ音記号の書き始めは「ファ」えっ⁉︎「レ」じゃないの?ト音記号とヘ音記号の五線の上にある音は同じじゃないですよ〜!^-^ト音記号の書き始めは「ソ」、ヘ音記号の書き始めは「ファ」。でも「ソ」も「ファ」も鍵盤には低い「ソ」から高い「ソ」、低い「ファ」から高い「ファ」いろんな高さがあります。だいたいト音記号は鍵盤で言うと真ん中の「ド」より高音域の音を表現します。ヘ音記号は真ん中の「ド」より低音域の音を表現します。でも、ト音記号の真ん中の「ド」より低い音域もト音記号で書けますよ!その反対に、ヘ音記号の真ん中の「ド」より高い音域も書けます。それには、五線では足りません。五線上に書ききれない時は、加線を書いて表現します。手書きですみません💦...ト音記号とヘ音記号と鍵盤

    さえちゃん♪

    小松音楽教室

    読者になる
  • ヘ音記号の『へ』とは

    杉戸町のピアノ教室、エレクトーン教室🏠小松音楽教室♫前回に続いて今回はヘ音記号!ヘ音記号は見ただけで嫌い!ト音記号より読めない!と言う声をたくさん聞きます💦前回の少し復習です。「ドレミファソラシド」はイタリア語「ハニホヘトイロハ」は日本語「CDEFGABC」はアメリカ・イギリス(英語表記)でしたね。3種類、並べて書きます(図1を見て下さいね)日本語の「へ」の所はイタリア語では「ファ」になります。アメリカ・イギリス(英語表記)では「F」となります。ヘ音記号の「へ」は日本語の「へ」の場所。つまりイタリア語では「ファ」の場所になるんです。と言う事でヘ音記号は五線のファの所から書き始めますよ!ヘ音記号の形、よく見ると、何となく「F」に似ていませんか?ヘ音記号は「F」を崩したのがヘ音記号の...ヘ音記号の『へ』とは

    さえちゃん♪

    小松音楽教室

    読者になる

「地域生活(街) 関東ブログ」 カテゴリー一覧