TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

鹿沼情報 新着記事

NEW POST help
  • あなたのつらい、苦しい、寂しいを話しに来ませんか? 「生きづらさ」を吐き出して本...

    この投稿をInstagramで見る ‪あなたのつらい、苦しい、寂しいを話しに来ませんか? ‬ ‪「生きづらさ」を吐き出し…

    須藤 勝則

    Healing Forestのカウンセリングブログ

    読者になる
  • 自分を見せよう

    皆さん、こんにちわ。栃木県のアダルトチルドレン・うつ克服カウンセラー 須藤 勝則です。 「誰も私の事を分かってくれない」という人が居ます。「誰も私のことなんて…

    須藤 勝則

    Healing Forestのカウンセリングブログ

    読者になる
  • 今朝も冷え込んでいますねココロもキリッとします天気は良さそうですので、秋を楽しみなが...

    この投稿をInstagramで見る 今朝も冷え込んでいますね ココロもキリッとします 天気は良さそうですので、秋を楽しみ…

    須藤 勝則

    Healing Forestのカウンセリングブログ

    読者になる
  • 県議会「決算審査」本日部局別で常任委員会

    県議会は、本日、部局別の常任委員会による「決算審査」です。令和元年度の執行状況等について、しっかりと審査させていただきます。県議会「決算審査」本日部局別で常任委員会

    まっちゃん

    「まっちゃん」日記

    読者になる
  • 第334回「つながる」かぬまマンデーレポート

    本日10月19日(月)午前8時より、東武新鹿沼駅前におきまして、第334回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催しました。県議会報告として、9月県議会通常会議の議論から、地域公共交通の県としての支援のあり方について問題提起の意味でレポートしました。宇都宮市から芳賀町に施工中の次世代型路面電車(LRT)に対し、県は83億円の支援を行い整備していますが、生活バスやデマンド交通については、「収支率」の減少に伴う補助路線の除外等の仕組みを踏まえて、コロナ禍の中、県内各自治体の生活バスやデマンド交通の維持のために、市町負担が増大する懸念があることを説明すると共に、今後、支援制度の見直しも含めて検討すべきと求めました。一方、新たなまちづくりの話題として、先日下野新聞にも掲載された「シューマイのまち鹿沼」の創造に向けては、...第334回「つながる」かぬまマンデーレポート

    まっちゃん

    「まっちゃん」日記

    読者になる
  • 学校史資料室とビオトープ(家中小学校調査)

    去る10月16日(金)、鹿沼自然観察会の渡辺会長(以前は家中小学校長)の計らいで、家中小学校の現地調査を行いました。平成10年当時学校そばの敷地に産廃が置かれ、栃木県初の行政代執行により、産廃は全量撤去されましたが、その場所の現在状況について調査しました。また、家中小学校は、自然豊かな教育をしており、学校の正門付近の敷地内に平成11年頃整備された「ビオトープ」を見学しました。更に、学校内の教室を利用して整備された「学校史資料館」について見学しました。鹿沼市においても、学校環境の整備は今後の課題であり、特に閉校になった小学校等の歴史的資料が逸失しないか心配しており、今後の保存・活用のあり方も研究すべきと考えています。そうした意味で、予てから大変興味があった家中小を調査出来、大変参考になりました。学校史資料室とビオトープ(家中小学校調査)

    まっちゃん

    「まっちゃん」日記

    読者になる

「地域生活(街) 関東ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)