chevron_left

「地域生活(街) 関東」カテゴリーを選択しなおす

cancel

常陸大宮市情報ブログ村 トップ

help
  • 1位

    石切山脈へ!

    さくら大学(高齢者大学)の移動教室で笠間市にある「石切山脈」に出かけた石切山脈までは常陸大宮市から大型バスで約1時間「稲田石」で有名な地で、約6000年前に海底深くで長い年月をかけて冷えて固まった花崗岩で美しい光沢と優れた耐久性を兼ね備え世界に類を見ない際立った白さから「白い貴婦人」とも呼ばれている東京駅丸の内口前に広がる広場通路に敷き詰められた「石」がここの「稲田石」だ「古代遺跡」「地図にない湖」などと称されている残念ながらこれまで訪れたことがなく、興味津々で見入った!バスを降りるとすぐにこんな光景が飛び込んできた池の深さが約50mと聞き、石採掘のすごさを実感した入場料300円を払うと稲田石の造形作品が所せましと並んでいたそして待望の「石切山脈ツアー」乗ってきた大型バスで乗り込み見学だ周辺は石切を行う切...石切山脈へ!

続きを見る

続きを見る

  • お寺を再建へ!

    菩提寺が焼失し早や13年が過ぎようとしているその間、再建に向け対応してきたがいろいろなことがあった住職夫妻が寺の梵鐘を勝手に売却、門徒が住職夫妻を警察に告発、住職夫妻は逮捕され、懲役2年、執行猶予3年の判決住職夫妻は釈放後、門徒に侘び「これまでのことを反省し今後は門徒の皆様と協力し、お寺の再建に努めます」と言ったのだがその後住職は病気となり5年ほど前亡くなった住職の妻(坊守)はいつの間にか寺を離れ今では所在不明に再建の機運が失われそうになる中、菩提寺近くに土地を持つ門徒から、「寺再建のため水田を譲ってもよい」と話が再建地とするにはまさに適地、地区門徒の話し合いを始め、門徒総代会を重ね火災保険金を頼りの再建で、とてもお寺らしい形の再建はできないが、別のお寺に「御本尊を預かって頂いている」ことから「再建」を満...お寺を再建へ!

続きを見る

「地域生活(街) 関東ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)