私の老後

私の老後
テーマ名
私の老後
テーマの詳細
60歳になり これからの人生を どう生きるか 考えながら生活する
テーマ投稿数
308件
参加メンバー
10人
管理人
rei管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「私の老後」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「私の老後 地域生活(街) 関東ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

私の老後の記事

1件〜50件

  • みんなが気づきたくないことを平気で言うショーペンハウアー
    2019/11/20 07:01
    みんなが気づきたくないことを平気で言うショーペンハウアー

     おれは、みんなが気づかないようにしてる本当のことを、周りの空気を読まず平気で言い放つ人が好きだ。ショーペンハウアーはきっとそういう人だったとおもう。(ショーペンハウアー「幸福について」4 橋本文夫訳)より引用します。誇りというものが世間一般からは手

    呼吸

    哲学日記

  • 苦痛と退屈の間を死ぬまで往復する人生
    2019/11/20 07:00
    苦痛と退屈の間を死ぬまで往復する人生

    (ショーペンハウアー「幸福について」2 橋本文夫訳)より引用します。  人間の幸福に対する二大敵手が苦痛と退屈である…この二大敵手のどちらか一方から遠ざかることができればできるほど、それだけまた他方の敵手に近づいている…困苦欠乏が苦痛を生じ、これに反

    呼吸

    哲学日記

  • 幸福だからといって 人生の問題が解決することは一切ない
    2019/11/18 01:16
    幸福だからといって 人生の問題が解決することは一切ない

     おれは、星野 源 の『地獄でなぜ悪い 』が好きだ。これがあるから、「逃げ恥」を楽しく観れた。 昔「マトリックス」を映画館で観た。自分がこの世界に長年感じている違和感がエンタメで見事に表現されてることに感激した。星野 源『地獄でなぜ悪い』の病室は、この世界の

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアーはなぜ幸福論を書いたか?
    2019/11/17 05:37
    ショーペンハウアーはなぜ幸福論を書いたか?

    (ショーペンハウアー「幸福について」2 橋本文夫訳)より引用します。 種々の財宝のうちで最も直接的にわれわれを幸福にしてくれるのは、心の朗らかさである。…陽気な人には常に陽気であるべき原因がある。その原因とは、ほかでもない、彼が陽気だということなのだ。

    呼吸

    哲学日記

  • 人間は、いじめも戦争もなくしたいという口先のことばと、実際の行動が完全に矛盾している
    2019/11/16 03:27
    人間は、いじめも戦争もなくしたいという口先のことばと、実際の行動が完全に矛盾している

     権力者は自分への国民の批判意識を逸らすため、わざと外国とのトラブルをでっちあげることがある。   これと同じ不誠実なごまかしを、たいていの人間は自分で自分にたいして行っている。 昔外界に飽きてちょっと自分の内面を覗いてみたものの、その底なしの暗闇

    呼吸

    哲学日記

  • 強欲、怒り、性欲、所有欲、嫉妬に同化せず 見守る訓練
    2019/11/15 07:48
    強欲、怒り、性欲、所有欲、嫉妬に同化せず 見守る訓練

    (『存在の詩』 Osho)から引用します。  漂っているのは思考でありあなた自身は思考ではなく思考が漂っている空間そのものである   決して目に見えるものと戦わないことさもなければ、あなたは影法師と戦っていることになるだろうそれでは、あなたが自分自身

    呼吸

    哲学日記

  • 全世界の絶滅と交換しても、自分の自我を保持したい人間
    2019/11/14 18:47
    全世界の絶滅と交換しても、自分の自我を保持したい人間

     ショ-ペンハウアーはくり返しいう。生れたままの個人のまなざしは、マーヤーのヴェールに曇らされている、と。この意味は二つある。1 自分の存在と重要さを盲信するいっぽう、自分以外の存在と重要さを本当には信じていないのが人間の自然状態である。2 このような自

    呼吸

    哲学日記

  • いつか読書する日
    2019/11/13 01:43
    いつか読書する日

     じつはGYAO!で「健さん」観たあと、続けて「いつか読書する日」 を観た。ネタばれ注意15歳の時(私は一生この町で生きていく)と決め、未婚のまま50歳になった大場美奈子と、 若い頃(俺は絶対平凡に生きてやる)と決めた、美奈子の同級生高梨槐多の、秘め

    呼吸

    哲学日記

  • 与えられていない物を取らない
    2019/11/12 02:59
    与えられていない物を取らない

    (ブッダの真理のことば409 中村 元訳)から引用します。 この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうとも粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、すべて与えられていない物を取らない人、──かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。(引用終。この<バラ

    呼吸

    哲学日記

  • 沢田研二の自宅と湧水を横浜山手で探訪(1):沢田研二・岡田准一・国分太一の自宅/元町商店街/ダニエル
    2019/11/11 08:30
    沢田研二の自宅と湧水を横浜山手で探訪(1):沢田研二・岡田准一・国分太一の自宅/元町商店街/ダニエル

    だいぶ間が空きましたが、『「君が代」原曲を「横浜テニス発祥記念館」で聞く:「君が代発祥の地」で君が代を考察する(最終回)』に引き続き、幕末から明治32年(1899年)まで外国人居留地であった横浜山手を散策します。横浜の山手は外国人居留地であったため多くの洋館が残されている観光地であり、また高級住宅街でもありますが、洋館巡りという定番コースではなく、別の切り口(湧水探訪という切り口)から横浜山手を探...

    カツQ

    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

  • 横浜山手で歴史に思いを馳せる(最終回):山手資料館/境界石/生麦事件
    2019/11/11 08:30
    横浜山手で歴史に思いを馳せる(最終回):山手資料館/境界石/生麦事件

    前回の「唐人お吉の悲話~横浜山手で歴史に思いを馳せる(2)」では、幕末の歴史に翻弄された「唐人お吉」ゆかりの地などを見てきましたが、今回は、「横浜山手散策」シリーズの最終回として、「山手資料館」、「生麦事件犠牲者の墓」などを探訪します。★★★ ★★★(山手資料館)山手本通りに面する「山手資料館」に行ってみます。館内には素晴らしい展示品があるのですが、写真撮影が禁止されていますので、館外の庭にあるものを...

    カツQ

    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

  • 日本人の真心・高倉健の映画「健さん」が、今GYAO!で無料配信中
    2019/11/11 07:51
    日本人の真心・高倉健の映画「健さん」が、今GYAO!で無料配信中

    今GYAO!で、真に日本人を代表する名優高倉健のドキュメンタリー「健さん」無料配信中です。2019年12月9日(月) 23:59まで未見の日本人はぜひ一度観ることをお勧めします。  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ(文字をクリック) 

    呼吸

    哲学日記

  • 易行でも、本気ださないと難行になる。難行でも、本気だせば易行になる。
    2019/11/10 00:28
    易行でも、本気ださないと難行になる。難行でも、本気だせば易行になる。

    (教行信証・行巻 石田瑞麿訳)から。この文は親鸞聖人が曇鸞大師『往生論註』から写されたものです。曇鸞大師は、仏道修行成就を難しくする原因がおよそ五つあると説いています。   一つには、異教の徒(外道)の相対的な善は、菩薩の法を乱す。二つには、自分だ

    呼吸

    哲学日記

  • 弱い人間が煩悩の流れをわたるために頼れるよりどころ
    2019/11/09 01:11
    弱い人間が煩悩の流れをわたるために頼れるよりどころ

     ウパシーヴァという名の学生が、次のような正直で切実な質問を、ブッダにした。   わたしは、独ひとりで他のものにたよることなくして大きな煩悩の流れをわたることはできません。わたしがそれにたよってこの流れをわたり得るよりどころをお説きください。ブッ

    呼吸

    哲学日記

  • 心は掃除しないと、次第に汚れていくもの
    2019/11/08 09:19
    心は掃除しないと、次第に汚れていくもの

     過去記事「ショーペンハウアー6聖者」で、ショーペンハウアー哲学の最重要概念「意志の否定」について次のように書いた。  『総じて否定とは、Aを否定してA以外の何かを肯定する結果に落着するものである。ところが意志の否定の場合だけは、意志以外の何かを肯定す

    呼吸

    哲学日記

  • 無常観門と罪悪感門
    2019/11/07 01:02
    無常観門と罪悪感門

     宗教に入る門は、大きく別けて二つあると思う。  無常観門と罪悪感門である。おれは無常観を深める努力によって仏法に親しくなっていく生まれつきらしい。おれがもし無理に自己の罪悪意識を深めようと努力し、それによって宗教的に深まろうとすれば必ず偽善に落ち込ん

    呼吸

    哲学日記

  • 会社で出世するより出世間
    2019/11/06 07:50
    会社で出世するより出世間

    (ブッダの真理のことば ダンマパダ244,245 中村 元訳)から引用します。 恥を知らず、烏からすのように厚かましく、図々しく、ひとを責め、大胆で、心のよごれた者は、生活し易い。恥を知り、常に清きをもとめ、執著をはなれ、つつしみ深く、真理を見て清く暮す者は

    呼吸

    哲学日記

  • 手放せば成功する。ポーズじゃダメだけど
    2019/11/05 00:21
    手放せば成功する。ポーズじゃダメだけど

     スマナサーラ長老との対話「手放すことが生きること」(『YouTube』←をクリックしてください)     「俺、俺のもの」を手放せという話。ところがみんな聴く耳を持たない。手放すと儲かると聞くと、手放す芝居をする。浅ましい。みんな、死

    呼吸

    哲学日記

  • みんな平気な顔で生きとるけど、それはなぜか。
    2019/11/04 01:13
    みんな平気な顔で生きとるけど、それはなぜか。

     昔なじみの遊び友達A君が死んで、もう4年経った。人間なんてはかないもんだ。   どだい意味が分からんもんなあ。A君だってそのうちひょっと出てきて「やあ」って感じになる気がしてるけど、実際には絶対出てこないからねえ、死んどるから。それが今だにピンとこな

    呼吸

    哲学日記

  • 絶妙手の代償
    2019/11/03 00:34
    絶妙手の代償

     (禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)より引用します。科学者の実験──それがわれわれの場合では修行である。実験のない科学がツマラヌように、修行のない仏教はツマラヌ。(引用終) おれは仏教徒だが、仏教、キリスト教、イスラム教が深奥において共

    呼吸

    哲学日記

  • どうせなら今死んでみ
    2019/11/02 00:20
    どうせなら今死んでみ

     人間が死すべき不可避の運命に縛りつけられていることは、人間にとって最も大きな恵み・救いである。もし、死ななければ、人は底なしに堕落してゆくであろう。これは、百年足らずで死ぬために、堕落が途中でストップするという意味での救いではない。そういうこと

    呼吸

    哲学日記

  • 西洋哲学界のアウトサイダー・ショーペンハウアー
    2019/11/01 00:37
    西洋哲学界のアウトサイダー・ショーペンハウアー

    (ショーペンハウアー「幸福について」第4章 橋本 文夫訳)より引用します。 年老いた暁には、身は老いても老いることのない労作に青春の力をことごとく打ちこんでしまったということくらい、慰めになるものはない。(引用終) あきらかに、ショーペンハウアーは、自分の

    呼吸

    哲学日記

  • マインドフルネス瞑想は、予想通り、一過性ブームか
    2019/10/31 07:55
    マインドフルネス瞑想は、予想通り、一過性ブームか

     9月23日の記事「マインドフルネス」で、昔見たNHKスペシャル キラーストレス 第2回「ストレスから脳を守れ」の感想を書いた。  このNHKスペシャルと前後してガッテンでも関連番組をやっていた。  瞑想は疲れた海馬を休ませて、ストレスやボケを改善し健康に役立

    呼吸

    哲学日記

  • 「楢山節考」木下恵介版
    2019/10/30 18:33
    「楢山節考」木下恵介版

        「楢山節考」は、学生時代に観て最も衝撃を受けた映画。 二つの映像が今も脳裏に焼き付いている。一つは、おりんが石で自分の歯を折った血だらけの口でニタと笑うシーン。二つは、雪の中で座っているおりんが、戻ってきた息子に無言で(いねいね)と手を振る

    呼吸

    哲学日記

  • 八千草薫さんが亡くなられた
    2019/10/29 09:59
    八千草薫さんが亡くなられた

     多くのニュースで、「岸辺のアルバム」「宮本武蔵」「ディア・ドクター」「くじけないで」などが代表作として紹介されてる。もちろん秀作ではあるが…… おれが、八千草薫さんで、強く印象に残っているのは、わりと初期の出演作『ガス人間第1号』(1960)だ。この

    呼吸

    哲学日記

  • ギフト。包装紙が違うけど中身は同じ。
    2019/10/28 08:17
    ギフト。包装紙が違うけど中身は同じ。

     どうしようもないダメな自分を丸ごと心底信じきること←リンクありと機の深信がそのまま法の深信であるという、機法一体の自覚←リンクありこの二つのことは同じ内容だ。自力と他力の表現法に違いがあるだけ。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ(文字をクリ

    呼吸

    哲学日記

  • 安吾と澤木老師
    2019/10/27 02:11
    安吾と澤木老師

     坂口安吾が戦時中に書いた「日本文化私観」から引用します。 …まっとうでなければならぬ。寺があって、後に、坊主があるのではなく、坊主があって、寺があるのだ。寺がなくとも、良寛は存在する。もし、我々に仏教が必要ならば、それは坊主が必要なので、寺が必要なの

    呼吸

    哲学日記

  • 丸ごとの自分を心底信じきる
    2019/10/26 01:04
    丸ごとの自分を心底信じきる

     過去記事に何度も書きましたが、おれには仏教とキリスト教の呼応関係を見つけて喜ぶマニアックな趣味があります。ヒルティの言葉を(幸福論第二部「人間知について」草間平作・大和邦太郎訳)から、もう少し引用します。引用文中の強調は私です。青文字がヒルティ引用文

    呼吸

    哲学日記

  • 横浜山手で歴史に思いを馳せる(1):荻野アンナの自宅/石川代官所/クリフサイド/元町百段公園
    2019/10/25 11:33
    横浜山手で歴史に思いを馳せる(1):荻野アンナの自宅/石川代官所/クリフサイド/元町百段公園

    前回は『「君が代」の視点からの「横浜山手散策」』シリーズ、前々回は「湧水」の視点からの「横浜山手の湧水探訪」シリーズでしたが、今回は「歴史」の視点からみた横浜山手を散策してみたいと思います。横浜は東京と違って、幕末からの短い歴史しかありませんが、それでも多くの興味深い史跡があります。なお、洋館巡りという定番コースは、すでに素晴らしいサイトが多くありますので、今回は洋館以外の史跡を巡ります。★★★ ★...

    カツQ

    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

  • ヒルティの言葉が、二種深信の見事な解説に聞こえる
    2019/10/25 07:58
    ヒルティの言葉が、二種深信の見事な解説に聞こえる

     10月17日の記事「宗教間のシンクロニシティ」で、中国浄土教の大成者善導和尚の言葉とスイスの哲学者ヒルティの言葉が、時間と空間を超えて呼応し合っていて、互いに相手を照らす関係として両者を捉え直すことができ、そうすることで理解が深まる。と書きました。 そ

    呼吸

    哲学日記

  • 映画2本。貪瞋痴を楽しみたいのか克服したいのか、どっち?
    2019/10/24 02:43
    映画2本。貪瞋痴を楽しみたいのか克服したいのか、どっち?

    【ストーリー】より引用。劇場公開、2016年8月1日。『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと、『これが私の人生設計』のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。『キッズ・レボリューション』のスウェーデン人監督、エラ・レムハーゲンがメガホンを

    呼吸

    哲学日記

  • 呼吸―思考を中断し、今ここに戻る―
    2019/10/23 08:35
    呼吸―思考を中断し、今ここに戻る―

     今生きている人間は例外なく息をしている。自分の吸う息吐く息を意識できないほど愚かな人間などいない。 釈尊は、呼吸をただ観察することを説いた。    エックハルト・トールは博学多識で仏教にも精通している。自分意識が錯覚に過ぎない事実とその意味を、

    呼吸

    哲学日記

  • 冷淡になっても粗野になっても自己は守りぬかねばならない
    2019/10/23 08:35
    冷淡になっても粗野になっても自己は守りぬかねばならない

    (ヒルティ幸福論第二部「人間知について」草間平作・大和邦太郎訳)から引用します。 愚直で厚かましい人たちに対しては、三つの自己防禦の方法がある。まず粗野であるが、これは自分の品位を落とす。次は冷淡であるが、これは人間的でなく、良心にやましさを残す。それ

    呼吸

    哲学日記

  • 変わろうとしない限り、人は変われない
    2019/10/23 08:35
    変わろうとしない限り、人は変われない

    映画『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』   映画の冒頭、主人公の非常に印象的な独白がある。「同じことを繰り返していたら、人は一生変わらないままだ。変えようとしない限り何も変わらない」これが映画の中で何度か出てくる。エンドロール直前のラス

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダの見事な入滅とピノの静かな死と、人間の無残な死
    2019/10/23 08:35
    ブッダの見事な入滅とピノの静かな死と、人間の無残な死

         ブッダは遺言として一代の説法の真髄を簡潔に説き汝等比丘、常に当に一心に出道を勤求すべし。一切世間の動不動の法、皆な是れ敗壊不安の相なり。汝等且く止みね。復た語を得ること勿れ。時、将に過ぎなんと欲す。我、滅度せんと欲す。是れ我が最後の教誨

    呼吸

    哲学日記

  • 急に景色がクリアになる体験
    2019/10/19 10:23
    急に景色がクリアになる体験

    (ブッダの言葉 マルク・ドゥ・スメト編 中沢新一+小幡一雄訳)より引用します。 ……自分の心を整えようとする者は、何の像も映らなくなった、汚れた鏡を持っている人に似ている。その人が鏡を磨くと、汚れがとれて、そのとたんに鏡には、はっきりとした像が映るよう

    呼吸

    哲学日記

  • 冥途のみやげ覚知
    2019/10/18 09:04
    冥途のみやげ覚知

      おおむね平和な家庭の中でたいした波風もなく、親も長生きをし子供にも恵まれ、生活にも貧しさを感じない人達は、ブッダやイエスキリストや、あるいはトルストイや親鸞のことを内心どう感じるでしょうか。  リッチな生活と王位継承と妻子を捨て無一物の修行者になっ

    呼吸

    哲学日記

  • 宗教間のシンクロニシティ
    2019/10/17 09:54
    宗教間のシンクロニシティ

    (ヒルティ幸福論第二部「罪と憂い」草間平作・大和邦太郎訳)より引用します。 「主よ、わが罪の深さをあらわしたまえ、しかしあなたのみ恵みの深さをもお示しください。」(同胞協会賛美歌526番)。この言葉のいずれか一方がなかったならば、人は絶望におちいるか、

    呼吸

    哲学日記

  • 世の中を暗くいやらしくする獣的人間
    2019/10/16 00:55
    世の中を暗くいやらしくする獣的人間

     昔、職場で「何を言ったかじゃなく、誰が言ったかで判断する人間は最低だ!」と怒ったことがある。 周りの反応は鈍いものだろうと、言う前から予想はついたが、それでも言ってしまうときもあった。  武田邦彦先生のエッセイ「何を言った」より「誰が言った」と

    呼吸

    哲学日記

  • 自行が先
    2019/10/15 07:31
    自行が先

    自みずから昧くらくして他を照らすことなし(興教大師 一心自覚頌)先ず自分を正しくととのえ、次いで他人を教えよ。そうすれば賢明な人は、煩わされて悩むことが無いであろう。(ブッダの真理の言葉12・158中村 元訳 強調は私です)他人に教えるとおりに、

    呼吸

    哲学日記

  • 滅びに至る多くの人々のために嘆いたりはしない
    2019/10/14 08:30
    滅びに至る多くの人々のために嘆いたりはしない

    (聖書 エズラ記6・33,34 新共同訳)より引用します。  信頼せよ。恐れるな。今の時代に焦ってむなしいことを考えるな。 そうすれば終末の時が来ても慌てることはない (引用終)   『終末の時』ってなんだろう? それは、人類全体にもいつか来るだろうが、個人

    呼吸

    哲学日記

  • 善人とはどいう人間か
    2019/10/13 16:58
    善人とはどいう人間か

    善人とは自分が悪人だという自覚がない悪人のことだ。

    呼吸

    哲学日記

  • 選択の余地がないという安心
    2019/10/12 02:58
    選択の余地がないという安心

    (ブッダ 神々との対話Ⅱ2・7中村 元訳)よりブッダの言葉を引用します。 さとりに至る実践の修養のほかに、感官を制御することのほかに、一切を捨て去ることのほかに、生ける者どもの平安を、われは認めない。(引用終)事実は、恐ろしく厳しいものなわけです。

    呼吸

    哲学日記

  • 昔の小説「五重塔」
    2019/10/11 02:53
    昔の小説「五重塔」

    じつは、「五重塔ごじゅうのとう」(作:幸田露伴)という古い小説が大好きです。 露伴は骨太で饒舌という、現代小説家にはない面白さがある。露伴の娘の文、その娘の玉、そのまた娘の奈緒と文学者が続き、「だんだん小粒になっていく」と批評されると、奈緒さんが「時代が

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアーへのワケわからん紋切型批評
    2019/10/11 02:53
    ショーペンハウアーへのワケわからん紋切型批評

     ショーペンハウアーを扱き下す三木清の言葉を引用します(「語られざる哲学」より) 生の無価値にして厭うべきことを説きながら、自らは疫病を恐れて町を飛び出したり、ホテルでは数人前の食をとったり、愛人と手を携えてイタリアを旅した彼の哲学は、インド思想と共通な

    呼吸

    哲学日記

  • 人が所有できるのは、した行為の結果だけ
    2019/10/09 22:54
    人が所有できるのは、した行為の結果だけ

    瞑想に励んで、ついに非想非非想処ひそうひひそうじょを体験するよりも、 諸悪莫作 衆善奉行しょあくまくさ しゅうぜんぶぎょうの教えひとつを信じて生きるほうがはるかに優れていると、おれは思う。※『非想非非想処』釈尊が出家してすぐに到達したきわめて高度な瞑想

    呼吸

    哲学日記

  • イギリス映画「ミス・シェパードをお手本に」
    2019/10/09 22:54
    イギリス映画「ミス・シェパードをお手本に」

     [ストーリー]より引用。…北ロンドン、カムデンの通りに止まっている黄色いオンボロの車で暮らすミス・シェパード。近所に引っ越してきた劇作家のベネットは、路上駐車をとがめられているミス・シェパードに声をかけ、親切心から自宅の駐車場に招き入れる。それから15年

    呼吸

    哲学日記

  • 怖すぎる旧約聖書
    2019/10/09 22:54
    怖すぎる旧約聖書

    旧約聖書の言葉を。   (イザヤ書45・6~10 新共同訳)より引用します。わたしは主、ほかにはいない。光を造り、闇を創造し平和をもたらし、災いを創造する者。わたしが主、これらのことをするものである。 ……災いだ、土の器のかけらにすぎないのに自分の造り主

    呼吸

    哲学日記

  • 君は何を守ってる?如実知見の薦め
    2019/10/09 22:54
    君は何を守ってる?如実知見の薦め

    学生ドータカが釈尊に訴えた。(ブッダのことば5・6 1063,1064 中村 元訳)より引用します。 (学生ドータカ)…あまねく見る人よ。わたしはあなたを礼拝いたします。シャカよ。わたしを諸々の疑惑から解き放ちたまえ。(釈尊)ドータカよ。わたしは世間におけるいかな

    呼吸

    哲学日記

  • わたしが説かないことは説かないと了解せよ
    2019/10/09 22:54
    わたしが説かないことは説かないと了解せよ

    (ブッダの感興のことば29・5中村 元訳)より引用します。(経験するものを)実質のある物だと思って、走り近づいて行くが、ただそのたびごとに新しい束縛を身に受けるだけである。 暗黒のなかから出て来た蛾が(火の中に)落ちるようなものである。 かれらは、見た

    呼吸

    哲学日記

カテゴリー一覧
商用